皮膚の表面が荒れる

適度な飲酒は体に良いと言われていますが、喫煙は何もメリットがありないでしょう。肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、ニコチン(ポルトガル大使だったジャン・ニコにちなんで、ニコチンという名前がついたのだとか)を含む色々な有毒な物質が体の血流を阻害するため、肌の健康を保持するのに必須である酸素や水分が不足し、老廃物の滞留などが起きてくるのです。肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、真皮にダメージが届きやすく、皮膚の表面が荒れてシワやしみが増えてきます。

紫外線や乾燥対策をしていてもタバコを吸っていたら同じことです。喫煙は絶対に避けるべきでしょう。お肌にシミができてしまうと、なんとかしたいと思いますよね。毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液の力を借りています。洗顔後のきれいなお肌にしっかり浸透させてから、化粧水、乳液といったものでケアします。プラセンタ美容液にお世話になりはじめてからというもの、お肌がぐっと透きとおるような質感になり、しつこいシミも薄くなってきたようです。「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝といわれる線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。よくいう「キメが整った肌」は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮が覆う真皮もその内傷つくことになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみをつくることになります。気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、何気なくのぞいた鏡を前にして大変驚いてしまいました。目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか突きつけられた気がしました。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。知ってはいながら、つい手加減なしにぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、指の腹を使用するように意識して、丁寧にソフトに行なうのが大事です。何にしても、力を加減することが大切で、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それが理想です。

けれども、現実には、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。肌のシミへの対応には、体内の状態を考慮することも大きな意味をもちます。例えば、ビタミンCには美白効果があるというのですが、ふんだんにふくまれているのが、イチゴとかレモン、パセリ、ブロッコリーなどです。それと、肌が乾いてしまうとシミの危険度がアップしますから、コラーゲンをたくさん含む、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活に取り入れて頂戴。シミ対策ばかり考えたご飯や、生活にこだわりすぎず、大事なのは、偏りのない栄養の摂り方でもあるんですね。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがちらほら見られるようになってしまいました。原因はわかっています。日焼けによる紫外線のダメージです。靴をはけるまでに成長したおこちゃまと毎日のように伴に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。おでかけの準備は戦争です。おこちゃまの持ち物を揃えるだけで一シゴト、そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。芸能人の肌をテレビで見ると美しくてシミなど見当たりないでしょう。そうはいっても、我々と同じヒトですので、本当は肌の調子が悪いこともあります。

あまたの人から見られるシゴトということもあり、普通の人とは比べようのないくらい、その対策には気を使わざるを得ないでしょう。

芸能人のスキンケア法にひんとを得れば、日々の肌のお手入れにいかせるかも知れないでしょう。他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってありないでしょうか。美容室に勤務する友人に言わせると「38歳がヤマ」なのだそうです。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると眠っても疲れがとれないようになってきて、目の下に大クマが出たて口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。

もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。

でも、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、「最近忙しいの?」と聴かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。

心配なので化粧直しの回数も多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。手軽で効果も高いシワ対策といえばパックかも知れないでしょう。一日のおわりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす有意義な時間です。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をしこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワ予防にも効果が期待できそうです。